一方的に愛を捧げているだけでも恋愛と言えるのかと疑問が湧きあがった人のための詩

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.338 2014年10月27日 掲載分

 

一方的に愛を捧げているだけでも
恋愛と言えるのかと
疑問が湧きあがった人のための詩


難しい問題だ、
恋愛にかたちはないのかなあ、
でも、
やはりかたちはある、
キャッチボールをイメージしようか、
ボールを愛と見なそうか、
投げられた愛を受けとめ、
投げ返す、
続けていれば、
共にうまくなって、
速球や、
変化球も受け返せるようになる、
片方がうまくならなかったら、
受け損ねたり、
後逸する、
ボールを拾い上げたり、
追っかけなければなければならない、
相手の愛が強くなりすぎて、
こっちがその愛にへとへとになる、
や〜めた、
とグローブを放り投げるだろうね、
愛は正直にぶつけあうと、
そういうものなのだよ、
歯止めがない、
でも、
ここで相手がボールを緩めてきたら、
どうだろう、
愛は本来、我儘なものだけれど、
相手のことを思う愛へと進化する、
キャッチボールは続くよ、
投手と捕手の関係だったら、
どうだろう、
投手はこれでもか、
これでもか、
と豪速球を投げてくる、
捕手はどんな球も甘んじて受け、
緩やかに投げ返すだろう、
貴方はいつも強い愛という、
豪速球を投げ込む、
恋人はいつも優しく受け、
緩やかに投げ返してくれる、
貴方は物足りない、
と思うかもしれないけれど、
恋人は進化した優しい愛で、
貴方の強い愛を受け止めている、
これは深い愛だよ、
激しい恋愛の末、
結婚したカップルって、
僕が見てきた限り、
離婚率が高いなあ、
傍目からは、
どちらかが一方的に愛を注いでいる、
と映ったカップルのほうが、
いつまでも仲睦まじいよ、
貴方の恋人は、
貴方を深く愛している、
心配いらないからね。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.