消えたいのに今日も生きている、その自分に嫌気が差しますます消えたいという人のための詩

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.333 2014年9月23日 掲載分

 

消えたいのに今日も生きている、
その自分に嫌気が差しますます
消えたいという人のための詩


ドロン、
と煙になって消えられるのなら、
僕も消えようかな、
好きなときに現れてね、
でも、消えたらそれっきりだもの、
えっ、
こんなに世の中、
生きて楽しいものになったの、
と思っても後の祭り、
もっとも、
消えたらそんなことも解らない、
僕がハタチ前後の話をしようか、
1960年前後のことだよ、
日本は高度経済成長の真っ只中、
仕事はいくらもあった、
でも、
その恩恵を受けている層の子弟と、
そうでない層の子弟、
との格差がひどくあった、
工事現場でバイトをして、
なおかつ足りなくて、
血を売っている学生が、
僕の周りでも2,3人いたかなあ、
とっくに死語になっているけど、
苦学生と呼ばれていた、
結核で死ぬ学生もいたねえ、
若者の自殺も多かった、
失恋自殺、
結核を苦にしての自殺、
厭世自殺というベタ記事の見出しも、
よく見たね、
世をはかなんでの自殺だ、
何で世をはかなんだのだろうね、
挙げれば、
いろいろあった、
でも、
心を病んでのことだろうね、
新宿の飲み屋街の安飲み屋には、
消えたい・死にたい、
言って飲んでる奴がいくらもいた、
僕も消えたいなあ、
生きてる意味ないものなあ、
とよく言っては飲んでたもの、
哲学青年がやたらいて、
サルトルや、
カミュの文庫本を横において、
生きる意味を議論していた、
半年たっても1年経っても、
同じ連中が消えたい、
って言ってる、
生きる意味を喧嘩のように議論して、
酒を飲んでいる、
何だかそうしていることで、
慰めあい発散している、
誰かの隣室の奴が自殺した、
ことがあった、
いつも独りでいて、
飲みにいこうと誘って応じたのは、
たった1回だったという、
別の店でよく一緒になる、
W大の22歳の奴がいて、
いつも1人できてニコニコ飲み、
ときにいい声で、
パット・ブーンなんかを歌っていた、
一瞬だけど、
表情が沈むことがあって、
でもすぐに、
にこやかな表情に戻った、
ある夜、
僕と雑談していてね、
吹っ切れたよ、
と言って立ち上がった、
何が吹っ切れたんだ、
と訊いたら、
「いや、こっちの話」
と笑顔で答えて出ていった、
その日の未明のことなんだよ、
鶯谷駅寄りの、
上野駅の近くの跨線橋から、
彼が線路に飛び込んで、
走ってくる列車に轢かれたのは、
吹っ切れた、
と言ったのは、
死の恐怖を乗り越えた、
ということだったと思う、
酒を飲んで消えたい、
なんて言っていられないほど、
深い苦しみがあったのだと思う、
死に対する恐怖がなければ、
バタバタいっぱい消えていただろう、
僕だって消えていた、
後年、
消えたい・死にたい、
ってよく言っていた奴に会うと、
本気だったけど、
実際に消えるとなると怖かった、
と振り返る、
つまり、
願望だったということ、
自分が生きる意味、
なんて考えなくてもいいよ、
解りっこない、
だから、
みんな生きている、
働いて目標を立て、
夢を描いて、
家庭を作り子を育て、
喜怒哀楽を繰り返しながらね、
生きる意味を現実の世界に求めるなら、
そういうことかな、
認識の世界で生きる意味を問うて、
イメージの翼を広げるのだったら、
楽しいだろう、
足許のことをちゃんとやって、
ちゃんと生きている、
そんな世界に遊ばなくても、
ちゃんと生きていける、
それが生きるということなの。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.