誰にも優しくしようと努力しているうちに優しい人という評価が定着し、それが少々重荷になった人のための詩

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.330 2014年9月1日 掲載分

 

誰にも優しくしようと努力しているうちに
優しい人という評価が定着し、
それが少々重荷になった人のための詩


何で重荷なんだろう、
大体は解る、
優しい人だからということで、
周りに甘える雰囲気が生まれるよね、
貴方だったら怒らないだろう、
と頭から決めてかかって、
失礼なもの言いをする人もいるし、
虫のいい頼みごとをしてくる人もいる、
冗談じゃねえや、
と思いながらも、
貴方は黙って聞いてあげているし、
自分ができる範囲内のことは、
ちゃんとやってあげているよね、
優しい人という評価を裏切りたくない、
からかもしれない、
でも、
そこが凄いところなんだよ、
だいたい人間は、
我儘勝手に生まれてくる動物だもの、
生まれつき優しい人間なんかいない、
育った環境、
学んだ人の影響で自分を克服した人が優しくなれる、
反面教師から優しさの大切なことを学んだ人もいる、
僕の高校の先輩で小児科の医師がいる、
彼はお父さんがDVの家庭に生まれた、
いつもお母さんが殴られるのを見て育ち、
お父さんが優しかったらなあ、
と願う切実な気持ちを持った、
じゃ自分がそういうお父さんになって、
明るい家庭を作ろう、
どんな子供にも優しく接しよう、
と子だくさんの家庭を持ち、
小児科の医師になったのだよ、
貴方が誰にも優しくしよう、
と思った動機は訊かないよ、
でも、
今の優しさを失くさないでほしい、
優しくすることは、
ときに疲れることだけど、
そのことを人に解ってもらえるとき、
貴方は嬉しいに違いない、
何よりも今の日本には、
貴方のように優しい人が必要なんだから。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.