ASKA事件とAKB襲撃事件から垣間見える芸能界人気の危うさと虚しさ

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.317 2014年5月26日 掲載分

 

ASKA事件とAKB襲撃事件から
垣間見える芸能界人気の危うさと虚しさ


チャゲアスのASKA逮捕は、
ここ数年のASKAの状態を知っていれば、
くるものがきたという感がある、
しかし、
全盛期のチャゲアスを知る者にとっては、
まさかのことだろう、
覚醒剤にはまる人間を弱い、
と言ってしまえばそれで終わる、
じゃCHAGEは強くてASKAは弱いのか、
ということになってしまう、
そんな単純なものではない、
一世を風靡し、
人気という栄華の頂点を極めても、
それは下降に転じると、
坂道を転げ落ちるようなもので、
止めるのは至難のことだ、
ただ稀有の才能の持ち主は、
いったん落ちるところまで落ちてから、
再浮上できる、
とことん落ちてすべてを失っても、
稀有の才能は残る、
稀有の才能でなければ、
他のすべてを失ったところで、
それも枯渇する、
人気が下降に転じたとき、
必死に止めようとしても止まらず、
落ちるところまで落ちて、
自分の才能の枯渇を思い知らされたら、
どうなるだろう、
そうかと受け入れて、
他の道を模索するか、
どうしても受け入れることができず、
もがき苦しむか、
僕は前者のほうが、
本来、弱い人間だと見ている、
強い人間はそうそう諦められるものではない、
何とか夢よもう1度、
と自分を転げ落とした坂を見上げて、
もがき苦しむ、
強い人間はそうする、
ただ稀有の才能がなかったら、
浮上は無理だ、
稀有の才能という言い方は、
誤解を招くからもうよそう、
稀有の才能があったから、
1度頂点を極めたのだから、
もう1度大人気を得る才能と言い直しておきます、
もがき苦しみながら、
それがないことに気づいて、
なおも苦しみ続けたらどうなるか、
もがき苦しむのは禁断症状と言える、
1度頂点を極めた人間のうちの1部は、
人気依存症になり、
人気が切れると、
もがき苦しむという禁断症状に陥る、
その時期に覚醒剤の誘惑に負け、
甘美な時間を体験する、
その甘美さは人気絶頂時の甘美な味わいに似るが、
あくまでも幻想だ、
依存症になり、
それから抜け出るのはとても困難だ、
幻想の人気でも、
その甘美さに酔いしれることができる、
禁断症状の苦しみは、
経験した者でないと解らないだろう、
その恐怖から逃れるために体に薬を入れる、
悪魔の循環を繰り返すしかない、
AKEB48の10代のメンバー2人が、
握手会の最中に切りつけられ、
負傷した、
彼女たちは被害者で何の罪もない、
Uという容疑者は、
AKBに関心はなかった、
とその母親が言っている、
誰でもよかった、
逮捕されてそう供述している、
では、なぜAKBを狙ったのか、
人気のアイドルだ、
握手会というフアンとの接点で、
傷害に及ぶ隙が生じる、
では、動機は何なんだ、
鬱屈が彼の心を支配していたのだろう、
おそらく適応性に乏しく、
努めても何ごとも、
自分が想定する結果にならない、
自信も失ったが、
それ以上に社会に責任転嫁したのだろう、
充たされぬ思いが、
鬱屈を大きな塊にしていった、
彼はその心の鬱屈を、
まともに発散させるすべを知らなかった、
だから見かけはおとなしく、
マジっぽい、
彼の鬱屈は、
何であの子達には人気がつくんだ、
という鬱憤に変わった、
AKBの人気は作られた人気だ、
AKB48という装置に人気がある、
彼女たちはその装置の人気を等しく貰って、
それにプラス自分達それぞれの人気を得ていく、
彼女たちに才能があるかどうかは、
AKBを卒業してから解る、
装置の人気に依存していただけのメンバーは、
卒業して消えていく、
でも、そういう子達は、
青春のいっときを燃焼することができて、
人気も得たし、
まあよかったな、
と割り切るだろう、
人気というものの怖さを知って、
一方でAKBを踏み台にして、
芸能界という海の、
人気という海流に乗ろうと、
羽ばたいていった子たちには、
大きな試練が待ち構える、
どこまでの才能かを計ろうとして、
待ち構えるのだ、
乗り越えられる才能が、
人気を獲得する、
その人気は魔物そのものだ、
何の罪もないのに人気が、
災いを引き寄せる、
また、人気の幻想に溺れて、
身を持ち崩す、
人気は得体が知れない罪深き存在、
と言わざるを得ない。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.