そろそろ人生の岐路に立ってもいいのに、その岐路が見えないことに焦っている人のための詩

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.313 2014年4月30日 掲載分

 

そろそろ人生の岐路に立ってもいいのに、
その岐路が見えないことに
焦っている人のための詩


岐路って確かにあるんだよ、
ただね、
こっちは近道だけど、
急坂ありとか、
この道・落石注意、
とかいった親切な表示はないし、
大体人生の岐路なんて、
目に見えるものじゃない、
そのときは、
感じとることもできないと思うよ、
後で振り返って、
ああ、あれが岐路だったんだ、
と納得する、
そういうもんだと思うの、
僕の岐路もそうだったかな、
職を転々としていた時期に、
虫垂炎をこじらせ腹膜炎を併発して、
死線をさまよった、
それを脱してメキメキ回復していったのに、
院長は退院許可をくれなかった、
後で知ったことだったけど、
ヤブ病院で、
1人退院してベッドが空くと、
お後がなかなか埋まらないので、
退院させなかったらしい、
小説を書こう、
という気持ちが起きた、
僕は文学青年じゃない、
文学青年の友がいて、
彼が半ばまで書いたショートショートの、
原稿の続きを戯れに書いた、
それを読んだ彼が、
「小説、書けるじゃないのかなあ」
と、つぶやいた、
何年も前の、
その彼の言葉が、
元気になったのに退院許可が出ない、
僕のハートを揺さぶったのだ、
入院中に書いた70枚余の短編を、
某小説誌の新人賞に送った、
それが2次予選を通過したことで、
何年かやればものになるかなあ、
と応募を継続させるやる気につながった、
実際には新人賞受賞まで6年かかったが、
それがそののちの作家人生の始まりになった、
あとで振り返って、
そっか、あれが岐路だったのか、
と納得した、
よし、これが岐路だ岐路だ、
と病室で意識して原稿を書いたわけではない、
岐路はそうと気づかぬままに差しかかり、
すっと行くべき道に踏み入る、
きっと貴方にとっての岐路も、
そうだと思う、
岐ょ路岐ょ路しないで、
今やるべきことをやっていれば、
知らぬ間に、
岐路で正しい選択をしているはずだ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.