世の中という大時計の振り子が右へ大きく傾いているのだろうか、それとも左へ傾いていたのが中軸に戻ろうとしているのか

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.311 2014年4月14日 掲載分

 

世の中という大時計の振り子が
右へ大きく傾いているのだろうか、
それとも左へ傾いていたのが
中軸に戻ろうとしているのか


右へ傾いているのか、
左へ傾いていたのが中軸へ、
戻ろうとしているのか、
僕の世代、いや、
僕にはよく解らなくなった、
要するに、
世の中に中軸、中立、ニュートラルなものが、
ほんとうにあるのかどうかもあやふやだ、
右だ左だと何を基軸に言えるのだろう、
世の中が円ならば、
右は右だ右だと進んでいけば、
いつか左と一緒になる、
左も左へ左へと極めていけば、
右になっている、
ただこうは言える、
自分が物心ついたときの、
世の中の強い空気に刷り込まれる、
と、
僕で言えば、
終戦の年の昭和20年(1945)3月25日、
満5歳になった、
物心が充分ついた、
昼間の空中戦も見ている、
夜の空中戦で日本の小さな飛行機が、
アメリカの超空の要塞B29に、
体当りするところも見ている、
近くの飛行機工場が爆撃されて、
父の自転車の後ろに乗って、
その跡を見にいった、
桜の木に爆撃で吹っ飛ばされた人が、
ひっかかったままだった、
首がない死体だよ、
戦争は悲惨だ、
と刷り込まれたろう、
戦争が終わり、
解放感が漂った、
戦争は2度と起こしてはいけない、
と刷り込まれた、
平和憲法は平和の守刀に思えた、
世の中の空気は左だったのかもしれない、
今の空気がほんとうのところは、
どうなのか、
右とか左とか関係なく、
ただ円の一端にいて、
カタツムリのようにどっちか動いている、
だけかもしれない、
ただ、
僕らがその時代の強い空気に刷り込まれた、
ことは抜きにして、
ガラーンとすべてがなくなった、
左を向いても右を向いても、
何もないから、
よし築くぞ、
と夢を描けた、
今の世の中の強い空気は知らない、
でも、
今の時代は、
夢を描ける時代だろうか。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.