三陸鉄道の全線復旧は近頃心の底から明るくなれるニュースではないか

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.310 2014年4月8日 掲載分

 

三陸鉄道の全線復旧は近頃心の底から
明るくなれるニュースではないか


山腹を縫って走り、
峡谷に架けた短い鉄橋を渡り、
眼下に小さな入江の漁港を望める三陸鉄道は、
鉄道唱歌さながらの変化ある景観で、
全線が世界遺産に登録されてほしい、
と乗る機会があるごとに、
思ったものだった、
3・11の年の翌4月から始めた東北被災地慰問で、
もっとも胸を突かれた光景は、
釜石から先の津津浦浦の漁港の町の、
惨憺たる光景と、
三陸鉄道の線路の路盤がえぐられ、
レールがひん曲がり、
駅舎が傾いた無残な光景だった、
毎年、慰問に行くたびに、
どこかの区間の復旧ぶりを目にしていたが、
この4月に南北リアス線が相次いで復旧し、
全線で運転が再開された、
思い込みがあるせいかもしれないが、
東京五輪の決定より、
このニュースのほうがはるかに嬉しかったし、
価値あるものだった、
今年は気仙沼市の階上小学校、
久慈市の2つの保育園を慰問したが、
あと2,3回は慰問に入れそうだ、
5月中旬すぎには、
大槌町、釜石市、大船渡市に入る予定がある、
被災地前に読み聞かせや、
講演で訪れた地区も少なくないし、
慰問でも再訪、再再訪の地区が多い、
大船渡市三陸町の吉浜へは、
南リアス線で行こうかなあ、
読み聞かせ隊のメンバーは、
車移動だが、
隊長の僕は鉄道が大好きだ、
全線復旧はとても嬉しい、
まだ眼下の津津浦浦の傷跡は、
深いかもしれない、
でも僕は鉄道唱歌を歌いながら、
今の沿線風景をしっかり網膜に映す、
三陸鉄道沿線のみなさん、
まだまだ復興は遠い道のりですが、
三鉄の復旧は何よりも心強い快挙だと思います、
よかったですね。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.