都知事選は助走だ、この人(小泉純一郎氏)の面白みと不可解さと執念を甘く見てはいけない、この人は敵をぶっ壊すまで止まらない

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.301 2014年2月12日 掲載分

 

都知事選は助走だ、
この人(小泉純一郎氏)の面白みと不可解さと
執念を甘く見てはいけない、
この人は敵をぶっ壊すまで止まらない


小泉純一郎氏のことを、
もう終わった人、という人がいる、
けしてそんなことはない、
都知事選の結果を冷静に見てみよう、
宇都宮氏と細川氏の票を合わせると、
当選した舛添氏の票にほぼ拮抗する、
つまり、脱原発票は、
低投票率下の選挙であったにもかかわらず、
脱原発候補が一本化されていれば、
当選させられるほどの活気を見せていた、
これは小泉氏の功績と言っていい、
彼が原発ゼロか否かを迫ったからこそ、
有権者は原発問題と向きあわざるを得なかったのだ、
他候補を圧して小泉氏を同道した細川候補の街頭演説は、
人が群がり熱気に包まれていた、
原発は争点にならない、
などという声は何のその、
原発即時ゼロを説いて説いて説きまくった、
鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス、
ということだ、
ここに小泉純一郎の面白みがある、
日本の政治家は、
鳴かぬなら捨ててしまえ、
という人が多い、
権力から完全に遠のいたと見た人や、
資金集めができなくなった人を見限り離れていく、
次いで、鳴かぬなら鳴くまで待とう、
というタイプも多い、
身を寄せている大樹が大きな権勢を得るまで待ち、
そのおこぼれにあずかろうとする、
その意味で小泉氏は、
捨てもしなければ待ちもしない、
ただ自分が立ちたければ立つ、
四面楚歌でも立つ、
ここに小泉氏の不可解さがある、
保守の風土で生き抜いてきた彼が、
原発即時ゼロを唱えれば、
周りに掌を返されるような態度を取られるのは当然で、
そのことは当の本人自身が、
いちばん解っていることに違いない、
それでも立ち上がった不可解さに、
彼の真骨頂がある、
その真骨頂を推察すれば、
不可解な行動ではなかった、
と思えてくる、
細川氏は過去の人で、
担ぎ出されたなあという印象だが、
小泉氏はけして過去の人ではない、
常に行動の人と言うべきだろう、
大義名分があれば、
すぐに立ち上がる、
原発即時ゼロは新たな大義名分で、
彼にとっての錦の御旗になった、
そうして彼は四面楚歌の中で立ち上がり、
脱原発票を掘り起こしたのである、
今回の選挙で硬い基礎票を持っていたのは、
舛添氏と宇都宮氏だった、
公明票と共産票である、
この2つの基礎票は、
投票率が低ければ低いほどものを言う、
基礎票のない細川氏が宇都宮氏に抜かれたのは、
そのためだろう、
仮に投票率が60%を超えていれば、
ワン・イッシュウの錦の御旗が、
へんぽんと翻り、
細川氏は舛添氏にかなり肉薄していただろう、
もう1度言う、
脱原発、という死に体になりかけていた言葉を、
一気に蘇生させたのは、
小泉氏の執念である、
助走はうまくいった、
と彼はほくそ笑んでいるだろう、
これからが本番だ、
原発即時ゼロという錦の御旗は、
国論を二分するどころか、
反対派の息の根を止められる、
と過去が関係ない男 小泉純一郎は、
いま密かに牙を研いでいるに違いない、
彼の敵は彼から薫陶を受けていただけに、
側近たちが、
もう過去の人ですよ、
と嘲笑しても彼の不可解な怖さを、
肌身に染み込ませている、
枕を高くして寝られないでいるだろう。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.