飽食に呆けているうちに今さえよければいいという日本人が増えて、50年100年後の子孫のことを考えなくなったのではないか

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.298 2014年1月19日 掲載分

 

飽食に呆けているうちに
今さえよければいいという日本人が増えて、
50年100年後の子孫のことを
考えなくなったのではないか


被災地に行って高齢者からよく聞かれる言葉は、
私達はもういいから、
孫子が安心して暮らせるようにしてほしい、
という願いであり、
そのようにしていかなければ、
という自分達への励ましである、
想像を絶するような災害に遭い、
一時の悲嘆から立ち上がり、
復興にとりかかった人達は、
末代の子孫にまで思いを馳せ、
その安心を願うのに違いない、
今回の都知事選は、
原発の問題が大きな争点の1つになる、
元首相の候補を応援する同じく元首相は、
原発ゼロでも日本は発展できる、
というグループと、
原発なくして日本は発展できない、
というグループの戦いだ、
と大上段に構えた、
この人の好きな戦術だろう、
しかし、この言葉には、
どこか虚しい響きがする、
つまり、正義の旗はこちらだぞ、
といった驕りがどこかにあるからだろう、
私達は原発の恩恵を受けてきた、
僕自身も電気は無尽蔵にあるものと思い込んで、
使い放題に使ってきた、
フクシマの事故で、
被災した人達の苦しみを見て、
私達は強い反省をしたのではなかったか、
その反省は、
2度とこのような事故を起こしてはならない、
という覚悟を生んで当然だった、
その覚悟は、
未来を生きる自分達の子孫の安心を願い、
その健やかないのちを、
約束することに根差したもの、
でなければならなかった、
原発問題にはそういう視点がほしい、
原発ゼロ派も擁護派も、
目先のこと、
目下は都知事選に勝つことに、
捉われているだけのような気がする、
そして、何よりも私達が、
原発ゼロが正義ですよ、
向こうは利害があるから擁護しているだけですよ、
とか、
原発が稼働しなかったら電気代が上がりますよ、
景気が悪くなりますよ、
とかの目先の言葉に振り回されている、
日本人は飽食の時を長く過ごして、
自分達が生きている間さえよければいい、
といった刹那的自己保身的現実主義者、
になり下がってしまったのか、
心の底にある本音は、
けしてそうではないと思う、
未来の日本と日本人の安寧が約束されるなら、
飽食のように電気を使うより、
節約して上手にバランスよく使うに違いない、
もし新しいエネルギーの開発に、
途方もないカネがかかるというのなら、
20パーセントの消費税にも耐えるだろう、
日本人は本来質素倹約を旨とできる、
現在を生きる私達は過去の恩恵を受けている、
過去の人達が築いたもので生かされている、
そうであれば、
私達は未来ために現在を生きている、
未来に何を残したらいいかの答は、
自明のことになる。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.