嫦蛾3号の着陸成功で米、ロ、中による宇宙三国志の幕開けかいな、日本は倭に甘んじるしかない

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.294 2013年12月16日 掲載分

 

嫦蛾3号の着陸成功で
米、ロ、中による宇宙三国志の幕開けかいな、
日本は倭に甘んじるしかない


まだ有人着陸ではない、
そのほうでは大先輩のアメリカは、
当然、巍だろうね、
有人衛星気打ち上げの先達国ロシアは、
ソユーズという使い回しのいい宇宙船を持つ、
長江の下流域を支配する呉に比肩させとこうか、
後発の中国は、
経済超大国に昇りつつあることを背景にして、
宇宙超大国を目指す、
孔明に当たるものはいなそうだが、
蜀に見立てておこう、
有人宇宙船による月面着陸や、
独自の宇宙船建設が具体的に見えてくれば、
米ロも焦って宇宙計画をどんどん見直すだろう、
月にはヘリウム3など、
希少貴重な資源も豊かに埋まっていそうじゃないか、
宇宙技術で中国に抜かれて、
日本も焦るのだろうね、
ネコのおれが懸念するのは、
アキラの亡父の書斎でね、
戦前のアフリカ地図で、
多様な色で分けて塗りつぶしてあるタイプを、
見つけたからなのだよ、
今の若い人たちには、
ピンとこないだろうね、
ヨーロッパ列強がアフリカへどんどん押しかけて、
ここからここまではおらが領土、
とアフリカを分割していった、
赤は英領、黄色は仏領、
青はポルトガル領、
といった具合にね、
おれは月見が大好きでな、
今年の中秋の名月は、
見えなくなるまで見ていたよ、
あの美しい月面が、
赤だ青だ黄色だ緑だなんて色分けされたら、
やだよなあ、
領土という概念がなくなる理想の星に、
地球がなるのは、
人間が滅んでからかのう。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.