鶴見の総持寺で横浜JC主催の読み聞かせ&講演で有島武郎の「一房の葡萄」を読み語ります。14時15分スタートです。横浜の皆さん、後ほどお目にかかりましょう。

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.281 2013年9月14日 掲載分

 
鶴見の総持寺で横浜JC主催の読み聞かせ&講演で有島武郎の「一房の葡萄」を読み語ります。14時15分スタートです。横浜の皆さん、後ほどお目にかかりましょう。

鶴見の総持寺で横浜JC主催の読み聞かせ&講演で
有島武郎の「一房の葡萄」を読み語ります。
14時15分スタートです。
横浜の皆さん、後ほどお目にかかりましょう。


「一房の葡萄」は、
童話雑誌「赤い鳥」の1920年の8月号に発表され、
後に有島武郎唯一の童話創作集で同名の、
「一房の葡萄」に収められた、
自分の幼年時代の体験に取材したようで、
子どもの怖れや、羞恥で揺れ動く心が、
繊細で謙虚な筆づかいで描かれている、
受け持ちの女の先生の優しさと、
しっとりとした気品にも心を打たれる、
当時の横浜山の手地区から眺める、
港の情景も味わい深い、
横浜青年会議所がこの作品の絵本化を行い、
その監修を僕が務めた、
その絵本を総持寺で読み語る、
有島武郎の幼年期の心に潜って読みたい。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.