人口約100人、でも、子供が一人もいない島で読み聞かせをしたら

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.272 2013年6月23日 掲載分

 

人口約100人、でも、
子供が一人もいない島で読み聞かせをしたら


どんな反応があるか、
大いに興味があります、、
老人ホームや、介護施設で、
読み聞かせを行ってきて、
高齢の方々が、
子供に劣らない豊かさで、
感情表現するさまを、
目の当たりにしてきました、
ただ、子供が読み聞かせで、
まだ未知の、
未経験の世界に夢を描くのと違って、
高齢の方々は、
読み聞かせを、
楽しかった子供の世界に還る、
パスポートとして聞いているようです、
表情が子供のように無邪気で、
生き生きとしてきます、
ところで、子供のいない100人の島は、
子供がいないだけで、
少数ながら若者はいるでしょう、
高齢者の方々ばかりということではありません、
漁業の島ですから、
働き盛り世代の方々のほうが多いかもしれません、
いずれにしても、
子供たちの泣き声や、
歓声は聞くことがない島です、
読み聞かせをやりにいけば、
大いに歓迎されると思います、
もしも、
それがきっかけになって、
この島で読み聞かせが盛んになり、
若者のUターンや、
新移住者が現れて、
やがて、
子供の泣き声や、歓声が聞かれる島になったら、
どんなに楽しいでしょう、
昨日の講演終了後、
その島によく出掛けるという方に、
行ってみませんか、
と誘われました、
都合が許せば、ぜひ行きたい島です。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.