小学館が5期ぶりに黒字はメデタイが、8期連続の減収の中での快挙をどう受け取るのだろう

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.269 2013年6月1日 掲載分

 

小学館が5期ぶりに黒字はメデタイが、
8期連続の減収の中での快挙をどう受け取るのだろう


出版界のパイの減少は、
慢性的に続いている。
一時は天敵視していた電子書籍が、
それほどの強敵にはならない、
と判断すると、
少しでも売り上げの足しにしようと、
遠い昔の既刊本まで、
大わらわで電子書籍化に励みだした。
業界大手の小学館が5期ぶりに、
黒字を記録した。
黒字に転じた、
とは言えない。
なにしろ、
8期連続で減収を記録している中での快挙で、
素直に喜べない。
黒字になった当期でも、
雑誌が前年比3・3%減、
書籍が同8・5%減で、
出版の生命線が由々しくダウンしている。
では何が好調だったのか。
広告収入が同4・5%増、
デジタル収入が同12・0%増、
映像関連が36・6%増、
などが黒字の立役者となった。
広告収入の増加は、
出版界の好不況に関係なく、
他業種の好調が、
出版媒体への出稿増加となったとみる。
デジタルも映像も、
本来の出版業ではない。
つまり、
本来の出版社としての経営は、
マイナス成長ということである、
こういう状況なのに、
小学館に限らず、
大手出版社の社員には、
特に編集部門の人には、
あまり危機感がない。
過去の蓄積が大きいせいなのか。
不思議な業界である。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.