自殺者が3万人を切りそうなのは朗報だけど、社会の風通しをよくしないと不安は希望に変わらない

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.244 2012年12月9日 掲載分

 

自殺者が3万人を切りそうなのは朗報だけど、
社会の風通しをよくしないと不安は希望に変わらない


日本の年間自殺者数が、
15年ぶりに、
3万人を下回りそうだという、
これは朗報というべきだろう、
でも、
これで年間自殺者数が、
減少カーブを描くかと言えば、
なかなか難しい、
自分の人生に希望を持てない人や、
心のリズムを崩している人は、
むしろ、
増えこそしても、
減っている気配はない、
それは多くの人が感じている、
ツイッターで寄せられる質問を見ても、
心に深い不安を抱えた人が多い、
約10年前、
モンゴル出身の相撲取りの旭鷲山関と、
イベントの旅をともにしたことがあった、
日本へきて一番驚いたことは、
自殺者が3万人を超えていることを、
知ったときだという、
「モンゴルに自殺者なんか1人もいないヨ!」
去年、
モンゴルを訪問した、
大草原を歩いて、
これでは自殺をする気も起きなかろう、
と納得した、
人口の一極集中がはなはだしく、
アメリカ文化が花を咲かせ、
韓国の車が渋滞をつくる、
モノにあふれるウランバートルを歩いて、
10年前と違って、
この大都市では自殺者が出ているだろう、
と暗い気持ちになった、
自殺を減らすのは、
豊かな物資ではない、
心が豊かでありさえすればいい、
そのためには、
貧しくてもいい、
不安を希望に変える状況をつくればいい、
どっちを向いても、
見通しがよくない、
地平線でもいい、
アッケラカンと何もないけど、
風が通り、
不安が、
なにかできそうだぞ、
という希望に変わる社会、
挙党一致でなら、
少しはそういう社会になるだろう、
自殺者が減り、
みんなが希望を抱ける、
そうしてほしいけど、
その政治に希望を持てない、
不安ばかりが募る。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.