いじめの裏側で今は親の力が悪しき結果を招くことがあるケースも認識すべきかもしれない

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.235 2012年10月4日 掲載分

 

いじめの裏側で今は親の力が悪しき結果を
招くことがあるケースも認識すべきかもしれない


先日、
家庭で子どもが自室を持つようになって、
いじめが深刻化した、
という見方を、
いくつかの根拠を提示して述べた、
そのことに直接触れたものではなかったが、
見過ごしていたかもしれない、
角度でとらえたコメントが寄せられた、
まずはそのコメントをお読みいただきたい、

自宅が安心できるかどうかは、人によって全く異なります。
私にとっては、自宅は世界で一番危険な場所でした。
にもかかわらず、大学の時、一人でアメリカに行くことを親に阻止されました。
危険だから、と言って。彼らは自分たちが危険人物であることの自覚がなかったようです。

親の事が好きだから心配かけたくないのか
親を心配させてしまうことで二次災害が起きるから心配かけたくないのか
家の構造問題も無視できませんが
「親力」の問題も気になります。
最初のコメントは、
いじめを受けている子どもの唯一安心できる居場所は、
自宅の自室だということ、
という見解に対する反論、
ということになります。
どのような家庭環境か解らないので、
危険の意味が判然としませんが、
いじめの問題では、
家庭が安全な場所にはなり得ない、
ことも視野に入れる必要があるようです、
2番めのコメントにある親力という言葉にも、
注目しました、
悪しき親力が働けば、
子どもをさらに追い詰めるケースもある、
のかもしれません、
この2つのコメントは大いに参考になります。 先日、
家庭で子どもが自室を持つようになって、
いじめが深刻化した、
という見方を、
いくつかの根拠を提示して述べた、
そのことに直接触れたものではなかったが、
見過ごしていたかもしれない、
角度でとらえたコメントが寄せられた、
まずはそのコメントをお読みいただきたい、

自宅が安心できるかどうかは、人によって全く異なります。
私にとっては、自宅は世界で一番危険な場所でした。
にもかかわらず、大学の時、一人でアメリカに行くことを親に阻止されました。
危険だから、と言って。彼らは自分たちが危険人物であることの自覚がなかったようです。

親の事が好きだから心配かけたくないのか
親を心配させてしまうことで二次災害が起きるから心配かけたくないのか
家の構造問題も無視できませんが
「親力」の問題も気になります。
最初のコメントは、
いじめを受けている子どもの唯一安心できる居場所は、
自宅の自室だということ、
という見解に対する反論、
ということになります。
どのような家庭環境か解らないので、
危険の意味が判然としませんが、
いじめの問題では、
家庭が安全な場所にはなり得ない、
ことも視野に入れる必要があるようです、
2番めのコメントにある親力という言葉にも、
注目しました、
悪しき親力が働けば、
子どもをさらに追い詰めるケースもある、
のかもしれません、
この2つのコメントは大いに参考になります。  

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.