ユーロ圏に左傾化の波がきて、日本は思想なき鵺的風見鶏勢力が跋扈していくか

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.219 2012年6月10日 掲載分

 

ユーロ圏に左傾化の波がきて、日本は思想なき鵺的風見鶏勢力が跋扈していくか


ギリシャで、
もしかしたら、
急進左翼進歩連合が中軸の政権が、
誕生するかもしれない、
党首のチプラス氏は37歳で、
演説がうまくセクシーだという、
今やユーロ圏のジャンヌ・ダルク風になった、
独首相のマダム・メルケルは、
ギリシャに支援の代償として、
徹底した緊縮策を突きつける、
ギリシャにとっては、
両刃の剣を喉にあてられ
イエスかノーを迫られたような気分だろう、
チプラス氏が政権をとれば、
ギリシャはユーロ圏から、
追われる可能性もある、
しかし、
チプラス氏が現実路線を選べば、
母親のようなマダム・メルケルに秋波を送り、
持続可能な緊縮策で、
強力支援を獲得しようとするだろう、
そこは心に鋼を鎧ったマダム・マイケル、
セクシーな若造宰相に、
口説き落とされる確率は低く、
チプラス氏の海老で鯛を釣る作戦は、
画餅になろう、

ユーロ圏第2の大国フランスでは、
オランド新政権への期待が高まり、
総選挙で左翼勢力が勝利を手中にしそうである、
フランス国民の多くは、
サルコジ前大統領が終始、
マダム・メルケルの下風に立っていた、
ような印象を持っている、
それが誇り高き国民性にカチンときて、
サルコジと民衆運動連合はノー、
のうねりを呼んでいる、
ギリシャがユーロ圏から放逐されれば、
偉大なるフランスの自尊心にも火がついて、
ユーロ圏離脱の声も高くなるだろう、
今年はユーロ圏に大激震がありそうだ、

さて日本、
一見豊かな外見の中で、
体力の衰えと、
消耗がジワリジワリと進んでいる、
ユーロ圏に見られる左傾化の波は、
永劫完璧少数野党の共産党を別にして、
左翼政党が雲散霧消してしまった今日、
日本では起こりようがない、
思想理念定かならず、
大向こう受けする主張はしても、
都合が悪くなれば旗幟を巻き、
ここぞと思えば、
拍手喝采を浴びるための花火を、
ポンポン打ち上げる、
まるで首から上は風見鶏、
首から下は鵺のような、
得体のしれない勢力が、
浪速にいて、
中央に熱い視線を注ぎ、
舌なめずりをしている、
中央の2大政党のだらしなさは、
もはや園児にも浸透している、
支持率はどちらも10%台、
仮に鵺的風見鶏勢力が、
全選挙区に候補を立てれば、
本来は無関心層の無党派が、
あらぬ期待をして、
どっとこの勢力に票を入れそうである、
比較第1党になる可能性がある、
日本の政治は混乱する、
この勢力に人材は乏しい、
風を望んで集まってくる人たちは、
烏合の衆で、
混乱を呼ぶだけ呼んで、
四分五裂に陥るだろう、
問題はこの勢力の後に何がくるかだろう、
それを考えるときが、
もうきているのかもしれない。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.