広島と長崎で二重被曝ケースは意外に多いらしいことに原発現場の作業の厳しさを思う

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.218 2012年6月3日 掲載分

 

広島と長崎で二重被曝ケースは意外に多いらしいことに原発現場の作業の厳しさを思う

広島と長崎で二重被曝した可能性のある人は、
約307人いることが、
被爆体験者の手記約13万3千人分の、
調査で解った、
一瞬、どういうことかと驚くが、
そのケースは様々である、
たとえば長崎医大の専門部在学中に被曝、
その2,3日後に、
広島市の実家に戻っており、
再被曝したとみられる、
大飯原発の再稼働が決まった、
稼働する以上は、
作業員を被曝から守ることを、
何よりも優先してほしい、
被曝をまったくしないで作業することは、
不可能だという話も聞く、
原発の作業員には、
各地の原発を移り歩いて、
作業してきた人も多いらしい、
たとえ微量の微量でも、
蓄積が怖い、
本当は完全に被曝から守られる、
ノウハウが完成するまで、
稼働してはいけないのではないか。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.