今は高ければいいって時代じゃないんだけど、ねっ、逆さボーリング君 /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.203 2012年2月12日 掲載分

 


今は高ければいいって時代じゃないんだけど、
ねっ、逆さボーリング君

きみが必要あって出現したことは、
よく解ってるよ、
でも、世界一になるために、
わざわざ設計変更して、
高くしたと聞いたときは、
おやおや、と思ったね、
東京タワーができたときは、
日本は高度経済成長に入り、
みんなが上を目指していた、
その何よりの象徴になった、
それに東京タワーは、
日本人の情緒に訴える姿だった、
城下町の人なら知っている、
天守閣を仰ぐたびに、
守られているという安心感と、
元気をもらうって、
東京タワーは安定感があって、
その天守閣をイメージしてくれるんだ、
きみの姿を見るとね、
地中1千メートル2千メートルに穴を穿ち、
温泉を噴き出させる、
ボーリング機の錐軸を想うんだ、
天空は貫かなくたっていいからね、
回教寺院の尖塔を細く長く細く長く、
引き伸ばしたような感じもするなあ、
日本人の情緒に合わない姿なんだ、
それに今は高さより、足許を見て、
土台を固める時代だろう、
本来のきみの使命に、
充分な高さでよかったんだ、
でも、立ってしまったんだから、
多くの人に喜ばれることを、
心から願ってるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.