叱ると押しつけが新社会人をダメにする /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.195 2011年12月11日 掲載分

 


叱ると押しつけが新社会人をダメにする

  引く手数多の時代は、
新入社員は金の卵で、
配属された部署の上司は、
叱るのにも気を遣ったろう、
今は就職氷河期で買い手市場、
やっと入社できた、
新入社員を迎える側は、
鉄は熱いうちに打て、と
手ぐすね引いている、
しかし、氷河期の新入社員は、
激烈な就活をかいくぐってきており、
ある意味でエリートである、
ちょっとしたことで叱ると、
そのプライドをへし折ってしまう、
へし折られてなにくそと立ち上がる、
ぐらいでないとものにならない、
と思う上司はだいぶずれている、
叱るは口に匕首を突き付ける、
つまり、相手を黙らせ、
一方的に言うことを聞かせる、
読み聞かせ活動を始めて13年、
当時の小学生が、
陸続として社会に飛び出してくる、
大人が子供を理解できない、
ではなく、
子供が大人を理解できない、
時代の申し子たちだ、
頭ごなしに叱ったら、
そこで終わってしまう、
叱るのをこらえて、
何が間違いかをよく教え、
納得させる、
子供じゃないんだから解るだろ、
と思うのは古い古い、
価値観が違う、
だから、叱りっぱなしだと、
なぜあんなに怒るんだろう、
と訝るのが、
来年あたりから登場する、
繰り返し叱っていると、
不信と反発の念を抱かれる、
押しつけるのではなく、
教える、
ともに「お」で始まるが、
教えることが大事だ、
ともに「し」で始まるが、
叱るのではなくしつける、
こうして初めて、
新社会人は、
自分たちの価値を、
職場に持ちこみながら、
適応して真価を発揮するだろう。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.