3万人超を続ける限り平安で豊かな日本は生まれない /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.191 2011年11月17日 掲載分

 


3万人超を続ける限り平安で豊かな日本は生まれない
 
  8,9年ほど前、当時幕内力士だった、
旭鷲山関と広島、香川方面へ、
読み聞かせ&サイン会の、
旅をしたことがあった、
他の同行者と、
日本の年間自殺者数が、
また3万人を超えたことを、
話題にしていたら、
聞きつけた旭鷲山が、
「ええっ、1年で3万人!自殺する、
人間なんかモンゴルには一人もいないよ」
と、目を丸くして驚いた、
モンゴルの雄大な草原を思い浮かべ、
一人もいないかどうかは、
ともかくとして、
ほとんどいないだろうなあ、
と納得したものだった、
ちなみに、
2009年度の国別自殺率の、
統計を見ると、
男女とも自殺率0%の国が、
5カ国ある、
ホンジュラス、
ヨルダン、
ハイチ、
アンティグア・バーブーダー
セントクリストファー・ネイビス
以上のうち、
ハイチ、ホンジュラス、
カリブ海に浮かぶ、
アンティグア・バーブーダーは、
中米諸国、
セントクリストファー・ネイビスは、
西インド諸島にある、
先進国ではなく、
それほど豊かな国でもないが、
陽気な国民性と、
ストレスの少ない環境に、
恵まれている、
ヨルダンは自殺が禁忌の、
イスラム国家である。
自殺率の高い上位5カ国は、
リトアニア
韓国
カザフスタン
ベルラーシー
日本
の順になる、
日本、韓国は高度に工業が、
発達した先進国である、
他は旧ソ連圏の国々で、
6位のロシアも含めて、
旧ソ連圏は自殺率が高い、
社会主義体制の崩壊で、
年金生活者の生活が、
厳しくなっていることも、
影響しているのだろうか、
日本と韓国の場合は、
急激な経済成長を遂げ、
その蔭で置き去りにされた、
人達の生き甲斐の喪失が、
要因の1つに挙げられると見る、
この統計に、
モンゴルは出てこない、
データがないためである、
2010年の日本の統計によると、
自殺者数は31690人、
10万人あたりの自殺者は、
24・9人、
これで13年連続3万人超である、
自殺未遂者の数はこの約10倍だというし、
自殺者の遺族はすでに300万人を、
超えているという、
これらの数字を眺めていると、
恐ろしくなる、
日本は明らかに病んでいる、
原発の数もも0に近づいていくと、
安心できるが、
自殺者数が0に近づいていくだけで、
それだけ有能な人材が、
損なわれないですむことであり、
日本は豊かさを享受でき、
日本人の心は健全になっていく、
自殺者をなくしていくことが、
日本という国の急務ではないか。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.