初めて大学祭の講演に呼ばれて30年近い歳月が経ちましたが /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.189 2011年10月30日 掲載分

 
初めて大学祭の講演に呼ばれて30年近い歳月が経ちましたが

初めて大学祭の講演に呼ばれて
30年近い歳月が経ちましたが
 
  あのときの学生たちは、
もう50歳前後になるのだなあ、
と感無量になりました、
すでに大学生の子を持った、
人もいるでしょう、
1990年代前半のピーク時は、
1年で20校を超える大学祭に、
呼ばれました、
そうして、今日、
明星大学青梅校の大学祭に呼ばれ、
その控室で出番を待っています、
(今は夜の言い時近くで、
とっくに講演は終わっています)
不思議な気がします、
こっちは年を重ねても、
聴いてくれる学生たちは、
いつも若々しいのですから、
もっとも、大学祭の講師に、
呼ばれることは稀のことになり、
今は読み聞かせで、
幼稚園、保育園、小学校を、
頻繁に訪れるようになっています、
あと数年で皆さんは、
社会人になりますが…
とやっていたのに、
ここにいるよい子の皆さんは、
20年30年経ったら、
社会で活躍しているよね、
そのときに解るけれども…
なんてやっている、
でも、読み聞かせで、
子供たちと同じ童心に還り、
物語世界を通して、
人として生きる上で大切なものを、
伝えていくことができたら、
こんな幸せなことはない、
と講演開始時間が迫っているのも忘れて、
思ったのでありました、
ちなみに、
今日も大学祭ではありましたが、
読み聞かせ&講演で、
聴いてくれたのは、
子供を含む一般市民の方々が
殆どでした。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.