ああ、生身の人間のヒーローが欲しい、 /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.188 2011年10月24日 掲載分

 
ああ、生身の人間のヒーローが欲しい、

ああ、生身の人間のヒーローが欲しい、
 
  私鉄某駅の改札前に、
この方が右手を、
空に突きあげて、
いたのであります、
どこのどなたかは、
存じ上げませんが、
ゴーカイジャーでないことは、
確かであります、
しばらく見上げていた、
のでありますが、
それはわが心から、
ヒーローが消えて、
久しいことに気づき、
寂しい思いにとらわれた、
ためだったかもしれません、
ヒーロー像は時代ともに、
変わってきました、
鞍馬天狗、
黄金バット、
月光仮面などが、
脳裏に浮かび上がります、
ウルトラマン、うーん、
このあたりから、
生身の人間の、
ヒーローは姿を、
消していき、
人からロボットへの、
変身ヒーローの、
全盛期が始まりました、
人工衛星が、
無数に飛び、
アポロ計画が軌道に乗り、
生身の人間のヒーローが、
イメージしにくくなった、
ということでしょうね、
そうして、合体ロボの、
ヒーローの時代へと、
移行してきました、
何事もチーム力、総合力の、
時代になり、
単独のヒーローが、
全知全能的に活躍する、
のが嘘っぽくなった、
ということでしょうか、
でも、今の時代だからこそ、
生身の人間のヒーローに、
登場してもらい、
この息苦しさに風穴を、
開けてもらいたいのであります。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.