タンクトップに柄もののシャツを引っ掛けただけであります(^_^) /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.185 2011年10月2日 掲載分

 
タンクトップに柄もののシャツを引っ掛けただけであります(^_^)、遅れるのも余裕のうちです。
タンクトップに柄もののシャツを
引っ掛けただけであります(^_^)
 
  むろん、向こうへ着いたら、
ジャケットを羽織るつもりです、
日本の12月上旬の気候と、
聞きましたから。
ところで、27日、モンゴルの、
ウランバートルで行われる、
「異文化受容国際シンポジウム」では、
日本側を代表して、
花田麿公(元モンゴル大使)、
木村理子(東京大学教養学部非常勤講師、
モンゴル文化研究家)の2氏と、
僕の3人が報告を行います、
僕は「現代日本の児童文学と読み聞かせ」と、
と題し、
おもに読み聞かせの役割について話します、
モンゴル民族は家族の絆と、
子どもをたいへん大切にします、
絵本の読み聞かせにも、
大きな関心を払ってくれる、
という確信があります。
このシンポジウムと別に、
僕はモンゴルの小学生を対象に、
自作童話の読み聞かせを、
行ってきます、
このときの子どもたちの、
反応が大いに楽しみです、
子どもたちの心には、
国境も民族の違いも、
言葉の壁もないからです。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.