いつかは戻れることか、と理解していいのだろうか、 /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.179 2011年8月29日 掲載分

 

いつかは戻れることか、
と理解していいのだろうか、


  いつの時代でも、
ふるさとをあとにして、
帰らずじまいの人はいた、
それでもふるさとはふるさと、
あるというだけで、
帰られないままでも、
心が安らげた、
子ができ孫ができても、
その子孫の心で、
ふるさとは生き永らえた、
そうして遠い地から、
父祖のふるさとに戻った、
人々は少なくない、
ふるさとにはなにものにも、
代えがたい、
尊い貴い重みがある、
原発被災の1部地域には、
長期間戻れないという、
その長期間が5年10年なのか、
50年100年なのかはわからない、
でも、その地域を、
ふるさとにする人々は、
いつかは戻れるのだ、と、
一縷、いや百縷千縷の、
望みを託して聞いたに違いない、
尊い貴いふるさとがある、
だから、がんばれる、
そのふるさとを藪にすることなく、
手入れを怠らず、
早急に除染の手を打っていく、
それが国に、そして被災を免れた、
われわれに課されている、
われわれのふるさとと地続きの、
尊い貴いふるさとなのだから。
志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.