一昨日、福岡から訪れた平松さん一家です。平松家の朗報! ブログ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.17 2007年12月9掲載分

 
一昨日、福岡から訪れた平松さん一家です。平松家の朗報!

一昨日、福岡から訪れた平松さん一家です。
平松家の朗報!

    一昨日、事務所を訪れた平松家の紹介を簡単にさせていただきます。

     お父さんはデザイナーとして幅広い分野で活躍されており、僕も何冊か自著の装丁をしていただきました。

     横綱時代の曙さんの化粧回しのデザインを手がけたことがあって、大相撲の海外公演で大好評でした。

     ところが、ロンドン公演の最中に、宿舎が火事になり、その化粧回しが灰になってしまいました。

     10年以上も公私にわたってつきあいが続いていますので、そのほかにも笑うに笑えぬエピソードをいっぱい知っております。

     離島に本を送ろうプロジェクトなど、ボランティア活動もともにしてきました。

     奥さんの真由美さんは、ユニークな感性の持ち主で平松さんの頭脳のある部分を支配し、自在に感覚のひらめきをちりばめています。

     一人娘の沙真ちゃんは、3歳4歳の頃から知っていますが、絵や、言葉の表現が豊かで鋭かったですね。

     現在、高校3年ですが、不登校していたことがあり、その時期に無心に書いていたものに手を加え、1編の長編小説に仕上げました。

     それが来年1月に本になり、本屋さんの店頭に並びます。

     18歳の女子高生作家の誕生です。

     平松家にとってまさに朗報ですが、作品が好評を得て、日本の文学界にとっても朗報となることを願ってやみません。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.