日本人の多様化が失われつつあるように思えるのであります。 ブログ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.136 2010年10月11日 掲載分

 
日本人の多様化が失われつつあるように思えるのであります。

日本人の多様化が
失われつつあるように思えるのであります。


  生物の多様化が失われていきつつあるようで、年間に世界で驚くべき数の種が消えていくとのことであります。人間はもとより、すべての種はそれぞれ相互に関わり合い、そのバランスによって継続してきたのでありますが、その多様性が失われていくということは、われわれ人間の命の範囲が徐々に狭まっていくことに他ならないのであります。ところで、ワガハイ、ふと思ったのでありますが、20年前30年前に比べると、日本人の多様性が随分、失われているような気がするのであります。以前は教員でも、商社マンでも、大工さんでもそれぞれ多様な人がいて、面白みがあったのでありますが、昨今は教員は教員、商社マンは商社マンで何か規格化されてきております。つまり、どの職業からも型破り人間がいなくなったのであります。たとえば、安倍首相以降の歴代首相を見ても顔や、話すことが多少違っても規格品で統一されているように見えるのであります。現首相の菅さんも規格品に限りなく近いのであります。ノーベル賞に二人が受賞・・・などと浮かれている場合ではなく、このままではヤバイぞ日本人、と思うのはワガハイだけでありましょうか。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.