朝の光に暗闇坂の秘密が浮かび上がる(O_O) ブログ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.133 2010年9月22日 掲載分

 
朝の光に暗闇坂の秘密が浮かび上がる(O_O)

朝の光に暗闇坂の秘密が浮かび上がる(O_O)


  事務所から半径2キロ以内で名のついた坂が いくつあるかは知りません。幽霊坂、蛇坂など、夜はちょっと足を止めてしまうような名の坂もちょくちょくあります。この坂もそうであります。名は暗闇坂。今はそうでもありませんが、20年ほど前までは道の右側の崖から大木の枝が張り出して、夜中は外灯はあっても真の暗闇の部分がかなりありました。この頃は夜更けに通っても星見ができるのであります。朝の光に祝福された暗闇坂は、ご覧のように落ち着いた佇まいです。かすかにコーヒーの香りも流れてきて、ワガハイは速歩で上りながら、鼻をムズムズさせるのであります。しかし、天下公認ながら、ドドッと意識を盛り下げてくれるこの失礼千万な落書きは、どうにかならぬものかとここへ差しかかるたびにため息をつくのであります。それで、ついついワガハイも牛歩になってしまうのであります。当節、行政か何か知りませんが、江戸の時代のお上目線で下達するようなやり方が目立つ気がするのでありますが、ワガハイの杞憂であれば幸いなのであります。 

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/

【←ふだん着ブログ一覧に戻る】
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.