カンポジアでドラえもんが活躍している(^O^)/ ブログ|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場|しもだ-かげき|直木賞-児童書-作家

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.124 2010年7月20日 掲載分

 
カンポジアでドラえもんが活躍している(^O^)/

カンポジアでドラえもんが活躍している(^O^)/


   ご存知ドラえもん漫画ですが、カンポジア版です。
 
  新書版で190ページあまり、紙質も日本ではめつたに
  お目にかからないほどの粗末なものですが、今、カンポジアの
  子どもたちの心を捉えて離さないそうです。

  この国では本はまだまだ高価で、大量に売られておりません。
  でも、子どもたちは本が大好きでまわし読みをしています。

  特に娯楽の少ない地方の子どもたちは、このドラえもんを
  ぼろぼろになるまでまわし読みしているそうです。

  カンポジア在の日本人の方から、機会を作って、ぜひ
  カンポジアの子どもたちに読み聞かせにきませんか、と
  すすめられました。

  紙芝居形式だったら、日本語でも充分、理解するそうです。

  いつか機会を作ってみたいと思います。

  8,9年前、カナダのトロントで日本語がほとんどわからない
  日系4世5世の子どもたちに読み聞かせをしましたが、
  スライドを使い、身振り手振りを交えた一人芝居的な
  語りだったせいもあって、日本の子どもたちと同じように
  感動してくれました。

  絵本の読み聞かせに国境はない、と確信しました。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね!
http://plaza.rakuten.co.jp/odata325juk/diary/
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.