中越沖地震にめげず柏崎の子どもたちはこんなに元気だ! /ブログ/読み聞かせ劇場

直木賞・絵本・児童書・作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 ぞうをクリックして、Web絵本「ぞうのこどもがみたゆめ」をみてね。 ◆みつこおばさま◆ クリックすると、全国読み聞かせ・講演イベントスケジュール集がみれますよ。 ◆志茂田隊長◆ Web絵本読み聞かせ劇場へようこそ。ぼくをクリックすると、プロフィールが見れるよ。 クリックするとトップページに戻るよ。 ぼくをクリックして、Web絵本「ひかりの二じゅうまる」をみてね。 わたしをクリックして「Web絵本」がみれるよ。 直木賞 絵本 児童書 作家|志茂田景樹のWeb絵本-読み聞かせ劇場 白鳥をクリックして、Web絵本「つきとはくちょうのこ」をみてね。 ぼくをクリックして「Web絵本」がみれるよ。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ No.10 2007年10月17日掲載分

 
中越沖地震にめげず柏崎の子どもたちはこんなに元気だ!

中越沖地震にめげず柏崎の
子どもたちはこんなに元気だ!

    写真をご覧ください。
    子だもたちから明るさが弾けて、飛び散っているかのようです。

    新潟県柏崎市の小鳩幼稚園の子どもたちです。

    中越沖地震から約3ヶ月。
    大きな被害を受けた柏崎市は、まだその傷跡があちこちに残っているそうです。
 
    しかし、子どもたちは、元気いっぱいのようです。

    先ごろ、慰問のつもりで僕の著書の絵本を含めて、子どもたちの人数分の絵本にサインして送らせていただきました。

    そのお礼の手紙が、ドカーンと今日、届きました。

    子どもたちに喜んでもらえたことも、とてもうれしかったんですが、それ以上に感激したことがあります。

    それは手紙の端々から窺える子どもたちの天衣無縫の明るさと、燃やしている希望の強さでした。

    大地震にめげず、元気いっぱいの子どもたちに、勇気づけられて、大人たちは復興への意欲をかきたてられるのでしょうね。

    じつは、「よい子に読み聞かせ隊」は、3年前の10月23日、この小鳩幼稚園を読み聞かせで訪れています。

    終わって子どもたちと別れを惜しみながら、僕たちは長岡駅まで車で送ってもらいました。

    乗ったときが大宮の手前でストップしました。

    中越地震が発生したためでした。

    別れた子どもたちが心配でしたが、幸い、みんな無事なことがその2日後にわかりました。

    小鳩幼稚園とは、そういう縁で結ばれたような気がします。

    縁で絆が生まれる・・・「よい子に読み聞かせ隊」は、そういう目に見えないものを大切にしていこうと思います。

志茂田景樹-カゲキ隊長のブログ KIBA BOOK 志茂田景樹事務所
 

もっと詳しく読みたい方はこちらへアクセスしてね! 
Copyright© Office Shimoda Kageki 2016 All Rights Reserved.